子育て世帯のダイニングテーブルにおすすめしたいポイント3つとは?

インテリア

子育てをしている多くのご家庭がダイニングテーブルセットを使っているかと思います。
では、子育て世帯がチェックするべきダイニングテーブルのポイントはご存知でしょうか?
素材は?デザインは?
ダイニングテーブルセットって大きな買い物なので、長い目で見て使いやすいものを選びたいですよね。

今回はおすすめのダイニングテーブル選びのポイントについて、元インテリア販売員で現在子育て中のワタシの目線で解説していきます!

子育て中の方やこれから家族が増えるかもしれない方は必見です★

子育て世帯が気になるダイニングテーブルのポイント

子育て世帯が気になるダイニングテーブルのポイント

子育てを世帯がダイニングテーブルを選ぶ際に気になるポイントは以下の3つです。

子育て世帯が気になるダイニングテーブルのポイント

①安全性
②スッキリさせたい
③長期的に使いたい

小さな子供がいると色々気になるトコロではありますが、上記のポイントはやっぱりおさえておきたいところなのではないでしょうか。

心配性<br>ウサギ
心配性
ウサギ

てゆーか、正直、このポイントって子育て世帯に限らず気になる部分なんじゃない?

ママぶーこ
ママぶーこ

ウサギさん、鋭い!実はこれ多くのご家庭で当てはまるポイントなのよ。

そうなんです。これらは子育て世帯に限らずダイニングテーブルを選ぶときには大切なポイントにポイントになるので、是非チェックしておきましょう♪

子育て世帯のダイニングテーブル選びのポイント①安全性

子育て世帯のダイニングテーブル選びのポイント①安全性

ダイニングテーブルに限らず、子育て世帯が家具を選ぶ際にまず気になるのが安全性だと思います。

心配性<br>ウサギ
心配性
ウサギ

テーブルで安全性…それってどんなところを気にすればいいの?

詳細は後でご説明しますが、デザインや素材によって安全性も高めることが出来ます。
単純にインテリアの雰囲気や好みだけではなく、安全性にも気を付けて選びたいですね。

子育て世帯のダイニングテーブル選びのポイント②スッキリさせたい

子育て世帯のダイニングテーブル選びのポイント②スッキリさせたい

子育て世帯のダイニングテーブル選びのポイントとして注目してほしいのが、ダイニングスペースの有効活用です。

小さな子供が遊んだりしていると、気が付けば物だらけ…ということ、ありませんか?ありますよね?(我が家だけじゃないですよね?)

ママぶーこ
ママぶーこ

子供のものがどんどん増えて浸食されていくリビングダイニング。ちょっとでもスッキリさせたい!というのがママの本音です。

ポイントをおさえて選べばスペースの有効活用に繋がるので、ぜひチェックしておきましょう★

子育て世帯のダイニングテーブル選びのポイント③長期的に使いたい

子育て世帯のダイニングテーブル選びのポイント③長期的に使いたい

子育て世帯がダイニングテーブルを購入するタイミングって、家族が増える時やお引越しのタイミングなど。そう頻繁に買い替えるものではないですよね。
せっかく買うのであれば、長く使えるものを選んでいただきたいものです。

構造上しっかりしているかという点はもちろん、今後ライフスタイルが変わっても使い続けられるようなタイプを選ぶことをおすすめします!

子育て世帯におすすめのダイニングテーブル

子育て世帯におすすめのダイニングテーブル

子育て世帯におすすめのダイニングテーブルですが、結論から言うと【角丸の2本脚の木製ダイニングテーブル】を私はオススメします。このタイプのテーブルなら、先ほどご紹介した子育て世帯が気になるダイニングテーブルのポイントも以下の3つでおさえることが出来ます。

子育て世帯におすすめのダイニングテーブルとは

①安全性なら木製&角丸
②2本脚で生活導線をスッキリ
③汎用性の高いものが◎

では、これらのポイントについて詳しく解説していきますね!

子育て世帯におすすめのダイニングテーブル①安全性なら木製&角丸

子育て世帯におすすめのダイニングテーブル①安全性なら木製&角丸

子育て世帯では、子供がダイニングテーブルの角にぶつかったり下に潜り込んで頭をぶつけたり…はよくあること(^^;安全面を考慮すると木製の素材で天板の角は丸みがあるタイプがおすすめです。

木製にしておくと、ぶつかっても木なので多少は和らぎますし、子供がダイニングでお絵描きや勉強をするときも木の方がかきやすいです◎

天板の角も丸まっているタイプがやっぱり安心!大人だって角ばっているところにぶつけたら涙目ですよね…(T皿T)

ママぶーこ
ママぶーこ

テーブルの角に、市販のコーナーカバーを貼り付けるというのもひとつの手ですが、こういうものは子供は気になるんですよね。剥がそうとしたり隙間にごはんのカスを詰めようとしたり…というリスクも。

子育て世帯におすすめのダイニングテーブル②2本脚で生活導線をスッキリ

子育て世帯におすすめのダイニングテーブル②2本脚で生活導線をスッキリ

子育て世帯におすすめしたいダイニングテーブルのデザインは2本脚のダイニングテーブルです。その理由は、椅子の引きしろの少なさです。

4本脚だとテーブルの端に脚が付いているので、立ち座りの際には椅子を引ききらないといけません。一方で2本脚の場合、脚が天板の内側に付いているので椅子を引ききらなくても立ち座りしやすいんです。

子育て世帯におすすめのダイニングテーブル③汎用性の高いものが◎

子育て世帯におすすめのダイニングテーブル③汎用性の高いものが◎

子育て世帯に限らず、ダイニングテーブルのように大きな家具は一度買ったら長く使いたいですよね。実は2本脚テーブルなら家族構成やお部屋のレイアウトが変わっても柔軟に対応しやすいんです!

椅子の数を増やすことになった場合、4本脚だとその脚の間のスぺースに椅子を入れないといけないので、いざ置いてみたらおさまきらなかった…なんてことも。2本脚なら脚をまたいで椅子を置けばOK!

心配性<br>ウサギ
心配性
ウサギ

ダイニングチェアをベンチソファにしたダイニングセットもよく見かけるんだけど…将来的にこういうのにもできるの?

ママぶーこ
ママぶーこ

もちろんできるよ!むしろベンチタイプには2本脚テーブルがうってつけ♪

ベンチは基本的にはあまり動かさずに使用することが想定されるので、横からスルッと抜けやすいデザインの脚というのが必須条件です。

2本脚のダイニングテーブルのデメリット

2本脚のダイニングテーブルのデメリット

子育て世帯におすすめしたいだ2本脚のダイニングテーブルですが、デメリットもあります。
購入の際はこちらも踏まえて検討しましょう。

お誕生日席に座りにくい

2本脚テーブルはいわゆるお誕生日席に座りにくくなります。
お誕生日席に座る人の足が、テーブルの脚に当たってしまいやすくなるんですよね。ただ、4本脚テーブルに比べて脚が内側に付いているものもよくあるので、来客時など一時的な使用の場合であれば許容範囲かと。

脚が太いものが多いので重くなる

これはテーブルの素材やデザインによっても異なるのですが、点で支える4本脚テーブルに比べて2本脚テーブルは面状に脚がついているので、その分重くなりやすいです。テーブルは基本的に動かさないというご家庭がほとんどかと思うので、こちらもさほど大きなデメリットではないと思います。

ママぶーこ
ママぶーこ

しっかりしたつくりのものだと結局脚の形状に関わらずけっこう重たいしね。

子育て世帯におすすめしたいダイニングテーブルのポイント【まとめ】

子育て世帯におすすめしたいダイニングテーブルのポイント【まとめ】

子育て世帯のダイニングテーブルは一家団らんの場所です。
そんなお家にとっての「顔」みたいなダイニングのアイテムですから、デザインだけではなく様々な条件に合わせてこだわりたいトコロですよね。

今回は「子育て世帯におすすめ」として【角丸の2本脚の木製ダイニングテーブル】をご紹介しましたが、選び方のポイントとしてはどんな世帯の方にも当てはまる部分が多いと思うので、是非ダイニング選びの参考にしてください。

他記事にて子育て世帯向けにベビーチェアもご紹介しています↓

ベンチタイプのダイニングセットについての記事もありますので良かったらそちらも是非★

よろしければ、クリックお願いします(^^)↓

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました