みなとみらい花火2023の混雑状況を解説!空いてる穴場スポットはどこ? | ソライロきなこ

みなとみらい花火2023の混雑状況を解説!空いてる穴場スポットはどこ?

スポンサーリンク
イベント
記事内に広告が含む場合があります

横浜みなとみらいで7月31日(月)にみなとみらいスマートフェスティバルが開催されます!

約25分間という短時間で、2万発もの花火が打ちあがるとても贅沢で大迫力の花火大会です!
かなり規模の大きな花火大会になるので、混雑状況や空いている時間や場所、穴場スポットが気になるのではないでしょうか?

この記事では
・みなとみらい花火2023の混雑状況
・みなとみらい花火2023の空いている時間や場所
・穴場スポットについて

について、ご紹介します!

みなとみらいスマートフェスティバル花火2023の関連記事はこちら↓
▶みなとみらい花火2023への行き方(アクセス)&駐車場情報!渋滞についても

スポンサーリンク

みなとみらい花火2023の混雑状況

みなとみらいスマートフェスティバルの花火は、下記の場所・時間が混雑しやすくなります。

【場所】
・横浜駅
・JR桜木町駅
・市営地下鉄桜木町駅
・みなとみらい線新高島駅/みなとみらい駅/馬車道駅 

【時間帯】
・17:00〜混雑し始める
・花火大会終了後2時間程

みなとみらいスマートフェスティバルは2万発という規模の大きな花火大会なので、県内外から沢山の人が集まります!

横浜やみなとみらいは、観光やショッピングなど人が集まりやすい場所というのもあって駅周辺がとても混雑するんですよね。

とくに花火大会の当日は、17:00〜18:00頃は会場に向かう人で混雑しやすいでしょう。

また、会場内の人が一斉に帰り始める花火大会終了後は2時間程度は最寄駅付近が混雑しています!

みなとみらい花火2023で空いているのは?

みなとみらいスマートフェスティバルの空いている時間帯や場所についてご紹介します!

・来場は16:00頃
・帰宅のタイミングは花火のクライマックス前or遅め
・観覧場所は会場から少し離れた場所

まず花火大会に来場する時間帯は16:00頃を目指しましょう。

みなとみらいスマートフェスティバルの開場時刻は17:30なので、17:00頃から会場周辺と最寄り駅付近が混雑し始めます。
16:00頃だと花火大会に向かう人は比較的少ないので混雑を避けられますよ!

帰宅時間は、早めの時間帯か遅めの時間帯にずらすのがおすすめです!
ただ、早めにずらすとなると花火のクライマックス前に帰宅となりますが、みなとみらいスマートフェスティバルの打ち上げ時間は25分と短めなんですよね…。

ウサギさん
ウサギさん

早めに会場を出るってなるとちょっと物足りなく感じそうだね…。

短時間でも花火が見られたら満足!という人や
花火を横目に見ながら帰ればいいかな〜という人は早めに退出すると駅の混雑のピークは避けられそうですね。

一方で、せっかくだから花火が上がっている間はしっかり鑑賞したい!という人は出発時間を遅らせるのもアリです。

会場周辺には観光できる場所も多いので、花火の余韻に浸りながら散策…というのはいかがでしょうか。
▶横浜みなとみらいの周辺観光情報はこちら<楽たびノート[楽天]>

花火大会の観覧場所は会場から少し離れたスポットだと混雑を避けられます!

会場自体は有料チケットが必要ですが、会場内に入らずに花火を観覧する人も多いため会場周辺は混雑するんですよね…。
混雑を避けたいという人は会場から少し離れたスポットを狙いましょう!

では、具体的な穴場スポットについてもご紹介していきますね♪

みなとみらい花火2023の穴場スポットは?

みなとみらいスマートフェスティバルのおすすめの穴場スポットをご紹介します!

・赤レンガ倉庫
・山下公園
・みなとみらい大橋

こちらの3か所は比較的綺麗に花火が見え、混雑も緩和できるのでおすすめですよ♪

みなとみらい花火2023の穴場①赤レンガ倉庫

会場からは少し離れていますが花火を遮る建物がないためとてもきれいに花火が見えます!
赤レンガ倉庫内にはお店がたくさんあるので、花火大会まではショッピングも楽しむことも出来ますよ♪

みなとみらい花火2023の穴場②山下公園

山下公園は海沿いに位置する公園です!
こちらも会場から少し距離があるため、混雑を緩和できるので、人混みを避けてゆったり鑑賞したいという人にはできる場所でおすすめですよ。

公園内の芝生の広場からでも花火は見えますが、岸壁まで出るとより綺麗に花火が見えます!

みなとみらい花火2023の穴場③みなとみらい大橋

みなとみらい大橋は花火大会会場から近く、間に遮るものもないのでとてもきれいに見えます!

ただし花火観覧のため立ち止まると通行の妨げになるため、立ち止まっての観覧は禁止されています。
じっくり観覧できなくても、散策がてら花火を楽しみたいという人には良さそうですね♪

みなとみらい花火2023の概要

みなとみらい花火2023の概要はコチラ▼

開催日 :7月31日(月)
開催時間:18:00~20:00(開場17:30)
開催内容
・18:00~19:00 大道芸パフォーマンス
・19:00~19:20 横浜都筑太鼓
・19:30~20:00 音と花火で夜を彩る「スカイシンフォニーinヨコハマ presented byコロワイド」
開催場所:みなとみらい21地区臨港パーク・耐震バース・横浜ハンマーヘッド9号岸壁・カップヌードルミュージアムパーク(※臨港パーク以外は花火鑑賞のみ)
アクセス詳細はこちら
有料席:あり。みなとみらいスマートフェスティバル会場に入るにはチケット必須

有料席の詳細はこちらです↓

【有料席詳細】
チケット①臨港パーク 一般協賛席 9,500円 /1名
チケット②耐震バース 一般協賛席 9,500円 /1名
チケット③横浜ハンマーヘッド9号岸壁 一般協賛席 38,000円/4口1セット
チケット④臨港パーク 芝生エリア 3,500円/1名(当日券4,000円)
チケット⑤カップヌードルミュージアムパーク 3,500円/1名(当日券4,000円)

参照元:みなとみらいスマートフェスティバル2023公式

※チケット①②は1口ご購入につきパイプ椅子席1席を進呈。
※チケット③は4口1セットの販売。1セットご購入につきテーブル1卓イス4席を進呈。
※チケット④⑤は1口ご購入につき、専用シート1枚進呈。

チケット販売はこちら▶チケットぴあ

みなとみらい花火2023の混雑状況を解説!空いてる穴場スポットはどこ?【まとめ】

今回はみなとみらいスマートフェスティバル花火2023の混雑状況や空いているポイント、穴場スポットについてご紹介しました。

みなとみらい花火大会2023は25分間という短時間で2万発もの花火が打ち上げられる、とても贅沢な花火大会です!
夏の素敵な思い出になりますね(*´∀`*)

この花火大会には 例年浴衣で来場する人も多いんです。
花火といえば浴衣ですもんね♪
浴衣なら上下セパレートタイプのものだと着付けもカンタンですし着崩れても直しやすいですよ!

\新生活SALE開催中!/
Amazon
\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

浴衣×花火大会で素敵な夏の想い出を作りましょう!

みなとみらいスマートフェスティバル花火2023の関連記事はこちら↓
▶みなとみらい花火2023への行き方(アクセス)&駐車場情報!渋滞についても

最後までお読みいただきありがとうございました!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました